車のコーティングをお勧めします

今流行のガラスコーティングですが、様々なメーカーから販売されていて、どれを選んだら良いのかわからなくなるくらいだと思います。
実際に使用してみるか口コミを聞くかしか方法がないのが現状だと思います。
選ぶ時に一つの目安になることがあります。

それは、商品名で選ぶことです。
商品名で検索するとたいていメーカーのホームページが出ることが多いですね。
そのホームページには施工店と呼ばれるショップの名前が掲載されている場合が多いです。
その時に注力していただきたいのが施工店の数とショップ形態です。

ショップの数により商品力の安定度やレベルが見えてきます。
1.多すぎるショップの場合:可もなく不可でもなくという標準レベルの期待値が見えてきます。
案外扱いやすくお手頃な場合が多く量産型の商品が多いです。
2.少なすぎるショップの場合:これは実際のところ2者択一です。
本当に人気がない商品なのか?不人気メーカーなのか?はたまた本当は良い商品なのだが、良い商品=施工がとても難しい=品質にばらつきが生じる

実際にはこのように取扱店舗数によっても色々な解釈があるのです。
色々な店舗をネット上で検索してみることからお勧めします。

プロショップにて、コーティングの金額が高いなと思ったことはありませんか?それにはだいたい下地をキレイにする技術料が含まれています。
この作業は素人がやることは難しく、熟練の技術とケミカル用品、そして設備が重要なので、お店によっての取り組みの差もあります。
信頼できるプロショップを探し出すことが、コーティングの効果を長持ちさせる第一歩になります。

では実際にコーティングを施工している業種別にみていきたいと思います。

  1. 自動車販売ディーラー
  2. ガソリンスタンド
  3. 板金塗装店、中古車販売業者
  4. プロショップ

1.自動車販売ディーラーの場合は、自社施工している場合もありますが、今では専属の専門業者を抱えているショップが多くなってきました。そのため品質は中くらいで施工環境も普通です。

2.ガソリンスタンドでは自社施工がメインです。がしかし専門知識を有していないケースも多く難しい薬剤などの知識を有していないケースが多いようです。

3.板金塗装店の場合は塗装を塗るといった本業のために、はじいてしまうコーティングは同じ工場内では作業が困難になってくるようです。コーティング剤は空気中にも浮遊するために離れていても塗装の定着に問題を生じるようです。そのため板金塗装店では取り扱っているケースが少ないのが現状です。
中古車販売店で取り扱っている場合は多くが外注業者に委託するため、無難なコーティング剤を使用しているようです。耐久性能や効果効能より無難なコーティングを取り扱っているケースが多いようです。

4.プロショップは先ほどのケースで触れておりますが、お店ごとに各社各様ですね!

プロショップで車のコーティングを施工してみたらいかがでしょうか!