カーコーティングのメリットとデメリット

カーコーティングを施すことによるメリットはたくさんあります、カーワックスと違い、コーティングしていると長持ちしますので頻繁に自分でワックスをする手間をはぶきつつ愛車をいつも綺麗な状態に保つことができます。
雨が降るとすぐに効果が落ちてしまうカーワックスと違い、カーコーティングは簡単に流れ落ちる心配もありません、これは経済的にも非常にメリットとなります。
カーコーティングにはいろいろな種類がコーティングがあります、定番のポリマーコーティングなどはいろいろな専門店などで行うことができます、カーコーティングにもその効果の持続期間によって料金が変わってきます、3ヶ月から3年くらいまでありますが、当然長持ちするほど料金は高くなりますが、長期間に渡って効果を持続できるわけですから最終的な経済効果は長く持続するほうがよいといえるでしょう。

ボディだけでなくガラスコーティングの効果もあります、雨が降った時などは特にコーティングの効果が感じられるのがガラスコーティングです。

視界が悪くて危険な状態でもガラスコーティングしている場合ワイパーが効かないくらいの大雨でもコーティング効果で雨粒が張り付かないため比較的良い視界でドライビングすることが可能になるといった安全面でのメリットもあります。

コーティング剤の種類は大きく分けると2種類あります、ポリマー系とガラス系です、歴史が古いのはポリマー系のコーティング剤です、比較的安くてツヤを出せることで今でも人気ですが、ガラスコーティングの効果はさらにその上を行きます、ポリマー系よりガラスコーティングのほうがグレードは上というわけです。
どうせコーティングするのであればガラスコーティングでしっかりとボディを守るほうが安心ですね。
しかもガラスコーティングの場合ボディに傷も付きにくいというメリットがあります、特に屋外の駐車場に停めているという場合は雨風に晒されることが多いですからガラスコーティングのほうがおすすめと言えます、ポリマー系コーティングと比較した場合デメリットとなるのは価格面だけではないでしょうか?
光沢もガラスコーティングのほうが明らかにぴかぴかと輝いているのがわかります、しかもガラスコーティングの場合皮膜が酸化しない特徴がありますのでコーティング剤が長持ちします。
ガラスコーティングやポリマーコーティングは車のメンテナンスに時間を取りたくないけどいつも綺麗な状態にしておきたい、とんな方に特におすすめです。
ガラスコーティングを1回してしまえば日常汚れたら水洗いするだけで簡単に元の状態に戻すことができますので忙しい方にもおすすめです。
ガラスコーティングのデメリットは料金ですが、こういったコーティングはなるべく車が新しい状態の時に施工するのがよいです、であればカーディーラーで納車してもらう前、まさに新車の時にガラスコーティングしてしまうのが一番と言えます、新車購入時にオプションとしてコーティングしてもらえば値引き対象にしてくれす可能性もありますので、最初に交渉してみるのもいいでしょう。
さらに施術時間も1日では終わりませんので何日か車を預けることになりますので、その間の台車などを用意してくれる業者さんを選ぶことも必要です。
自分でコーティング剤を施工する方もいらっしゃいますが、こういったコーティングは下地処理が大切です、下地処理やマスキングなどは素人ではどうしても汚れが残ってしまうものです、汚れた上にコーティング剤を塗布すると汚れを一緒に閉じ込めてしまう原因となりますので注意が必要です、よほど自信がある方でなければプロの業者さんにお願いすることがベストです。