ガラスコーティングによるカーコーティング

カーコーティングをする上での車のコーティング方法は昔ながらのオイルコーティングガラスコーティングがあります。
オイルティングとはワックスなどに入っている油分で車をコーティングします。

カーコーティングの効果としてはワックスに入っている油が水をはじくことで車に汚れが付着する事を防ぐコーティング方法で、安価な値段でカーコーティングすることができる方法です。
ですがその反面、コーティング層が弱く、すぐにコーティングが剥がれてしまい、紫外線にとても弱いのがオイルコーティングの弱点となります。では、ガラスコーティングとはどのようなカーコーティングの効果があるか説明します。

ガラスコーティングとはガラス繊維を樹脂製の液体に混ぜ合わせた物を使用するコーティング剤であるか、ガラス繊維に他の成分が入っているものを使用して行なうカーコーティングのやり方です。

メリットとしてはオイルコーティングのようにすぐにコーティング層が剥がれ落ちずに6ヶ月はコーティング効果が持つという性質があります。
また、車のボディ表面にガラス皮膜が薄く形成されボディがツルツルになり摩擦抵抗を軽減する為にボディに傷が入りにくくなるのがガラスコーティングの良さです。

しかし、反面にガラスコーティングはカーコーティングのやり方が難しく専門店などのお店で車にガラスコーティングをして貰ったとしても満足の行く結果になるとは必ずしもいえない点があります。
つまり、専門店でさえコーティングに失敗して望んでいる期間のコーティングの持続ができないことがあるという点が有ります。
オイルコーティングであれ、ガラスコーティングであれ、共通して行なわなければいけないのがボディのメンテナンスです。メンテナンスとはボディにコーティングしてあるコーティングを際コーティングし直すかそのまま、水洗いだけで済ませるかを判断して車のボディの状態を見ることになります。一般的にはどちらのコーティングも水はじきが悪くなってきたり、ボディに曇りが出始めたりしてきた時に車のボディをきれいに洗車した後に車のボディにコーティングを施します。オイルコートの場合は綺麗に車のボディを中性のカーシャンプーを使用して泥や埃をよく落とした後に固形または液体のワックスを車に満遍なく薄く延ばしてボディ全体をコーティングします。注しないといけない点はオイルコートの場合は水にぬらしたままの状態でワックスまたは液体ワックスをかけて伸ばさなければならない商品があるということです。

ガラスコーティングの場合はボディを中性のカーシャンプで綺麗に洗い落とした後にコーティングをします。

注意しなければならないのは、ガラスコーティングはボディに満遍なく塗布してから
数時間は太陽光線に当てなければボディの表面に塗ったコーティング剤が化学変化を起こして
ガラス繊維に代わらない為に艶が無くなりコーティングが弱くなることがあるので晴れた日にしかコーティングできないことです。ですが、一度コーティングしてしまうと6ヶ月はコーティングが持ちますので晴れた日にコーティングをする事を心がけましょう

。最後に、コーティングの持続時間の長さの話をすると一番長いのがガラスコーティングとなり

、6ヶ月はコーティングが持つことになります。

オイルコートは初心者の方でもすぐにできますが長く持つコーティングではなく、
雨にも弱いコーティングである為に雨が降ると1ヶ月くらいしかもたず、
コーティングがとても弱く泥汚れにも弱いといえます。
ですので、カーコーティングを行なうのなら雨にも強く泥汚れにも強い、長持ちするガラスコーティングを車にする事をお勧めします。